简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

タウンプラン

重慶市は今年全市区域発展の戦略を調整して、“1時間経済圏”と重慶東北部、東南部“一圏二翼”という区域発展の新しい局面を確立しました。
 
重慶は1997年に直轄市となってから、都市の発達経済エリア、三峡ダムエリアと重慶東南部“三大経済発展エリア”を確定した上、その後、都市内、重慶西部、三峡ダムエリアと重慶東南部“四つ経済ブロック”を確立しました。
 
今度は区域発展の戦略を調整する目的が重慶を西部地区重要の増長極と長江上流地区の経済中心にできるだけ早く建設させます。
 
重慶市はトータル40区県があり、“1時間経済圏”は重慶都市内の特大都市を中心にして、1時間の車移動距離を半径にする区域で、23区県をカバーでき、2006年のGDPは2710億元、全市の78%を占めて、重慶の経済主体と産業集落エリアです。重慶東北部は重慶三峡ダムエリアの大部分で、11区県があり、万州区を中心にします。重慶東南部は少数民族の集落エリアで、6区県があり、黔江区を中心にします。
 
企画により、重慶“1時間経済圏”は5年を繰り上げて、即ち2015年まで全市で先に全面裕福を実現して、全市をドライブして西部地区で3年を繰り上げて先に裕福を実現します。2020年まで“1時間経済圏”地区の総生産高は2005年のベースで3倍となり、一人当たりの平均地区総生産高は8000ドルを突破できるように努力します。常住人口は2200万に達し、都市化率は80%まで向上されます。主要経済社会発展指標は東部地区の平均レベルに達します。“一圏”は産業発展を核心任務として、現代製造業、現代サービス業、現代農業など産業基地と産業集落の建設を加速します。同時に、“1時間経済圏”は重慶都市内の特大都市を核心にする都市群の建設を加速して、強大な集落カバー機能をできるだけ早く形成させます。
 
重慶は“1時間経済圏”を全力で発展させることが“両翼”の発展を更によくドライブするためです。紹介により、重慶市は“一圏”を強くしたら、未発達地区に対する財政移転支出力を拡大し、“一圏”に恩を報いられる上、“両翼”の余裕労働力を吸収して、移転就業及び定住を行わせます。農民の市民化を加速して、2020年まで“両翼”をドライブしてトータル400万人の移転就業を手配できます。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します