简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

自然、地理

重慶は、東経105°17´-110°11、北緯28°10´-32°13´にあるチベット高原と長江中下流平原の間の過渡地帯に位置する.亜熱帯性モンスーン湿潤気候の影響を受けるので、年平均温度は約18度である.冬の最低平均温度は6-8度であり、夏の平均温度は27-29度である.年平均の日照時間が1000-1200時間とする.暖かい冬と熱い夏があるここで無霜期が長い、降水がたっぶり、多湿の気候で常に曇り日である.季節の通り雨が降ったり熱くなったり、年降水量は1000-1200mmである.春末夏初の際、夜の雨が甚だしいのため、古いから「巴山夜雨」と呼ばれてきた.管轄区において、東から西まで470キロメートル、南から北まで450キロメートルである.東側は湖北、湖南に臨み、南側は貴州に接し、西側は四川に近い、北側は陜西とつながる.
 
重慶と言えば、土地が広い、河川が縦横に流れ、山の峰が幾重にも重なり合っている.北で大巴山、東で巫山、東南で武陵山、南で大娄山があるので、地勢は大体において南から北の長江河谷に向けて傾斜して起伏する.地形は丘陵、山地を主体として、坂道の面積が比較的大きくて、明らかに層状を見える.ここで石林、岩柱、鍾乳洞、及び峡谷など代表的なカルスト景観が分布された.長江の主流は西から東に全境を横断し、全長665キロメートルに渡り、巫山の三つの背斜を横に貫くと瞿塘峡、巫峡、西陵峡、即ち世界に有名な「長江三峡」が形成された.西北から来た嘉陵江は三回曲がって長江に注ぐと、沥鼻峡、温塘峡、観音峡という嘉陵江小三峡が形成された.
 
長江と嘉陵江が重慶中心部を取り囲み、両江を挟んで山々をまかれている.ここは山紫水明で、独特の風物を持ち、山水寄りの色んな建物がいらかを並べて不揃いでまちまちなのがかえって面白いので、綺麗な「山城」、「江城」として世界に有名である.特に美しい「山城夜景」から見て、夕暮れが迫る度に、中心部で家々の灯火の輝きと水、空の色がお互いに照り映えると、天の川と似てる.この雄大な景観は奇観と言える.ここでは霊気を集め秀を育てる山と川が山、水、林、泉、滝、峡、洞を集め一体とする壮麗な景観である.一番有名の景観は立体画廊と言える長江三峡において、山の峰が切り立ち、絶壁たちが向かい合って立っている.ここは瞿塘峡、巫峡、西陵峡として名を知られている.ありとあらゆる姿態はそれぞれの魅力があり、さらに緑の大寧河小三峡と馬渡河小小三峡がある.唐代の大詩人李白(701-762)が作る「朝辞白帝彩雲間(あしたに辞す 白帝彩雲の間)千里江陵一日還(千里の江陵 一日にして還る) 両岸猿声啼不住(両岸の猿声 啼いてやまざるに) 軽舟已過万重山(軽舟すでに過ぐ ばんちょうの山)」 という詩歌は山峡を讃え、今まで広く伝わっている.
 
不思議な自然と地理は、「天然基因宝庫」と呼ばれ南川金仏山、地球の同緯度エリアで唯一の生き残り最大な原始林である江津四面山など自然資源を豊るところを育成する.さらに、烏江、嘉陵江、大寧河など江河峡谷、及び長寿湖、小南海、青龍湖など湖の風光が形成される.
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します