简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

歴史沿革

重慶は中国で有名な歴史的文化都市であり、3000年以上の歴史を持って光栄な革命の伝統がある.重慶を中心とする古い巴渝エリアは巴渝文化の発祥地であり、重慶の長い歴史を育成した.
今からおよそ2-3万年前の旧石器時代の末、既に重慶エリアで人間は暮らした.紀元前11世紀の商周時期で、巴の人が重慶を首都として巴国を建った.その後、秦が巴国を撃破して三十六の郡に分割し、巴郡はその一つとなった.最盛期の巴国の領域は元の重慶市を行政中心とし、川東、陜南、卾西、湘西北と黔北など区域を管轄していた.秦漢以来の各朝代において、常に一つの統一的な行政轄区となり、その行政中心は元の重慶市に設立した.
 
昔の重慶は「江州」と呼ばれ、その後「巴郡」、「楚州」、「渝州」、「恭州」とも言うことがあった.南北朝(420-589)の時、「巴郡」は「楚州」に変わった.紀元前581年隋文帝(541-604)が「楚州」を「渝州」に変わって、これから重慶は「渝」と略称された.紀元前1189年、宋光宗(1147-1200)は先ず「恭王」に封され、後皇帝に即位した.彼は「二重の慶事」と自慢するので、「恭州」は「重慶府」を授けた、これから「重慶」という名が得た、今からおよそ800年くらいである.
 
1891年重慶は中国における最も早い対外開港する内陸貿易港になった.
 
1829年正式に「重慶市」を設立した.
 
1937年から1946年まで日本が「侵華戦争」を起こすため、国民政府は重慶に移転して、重慶は中華民国の戦争時期の副首都とした.その時全国抗日と反ファシストの最高司令部である重慶は、中国大後方の政治、経済、文化の中心部であり、従って重慶は「三都の地」とも言えた.国民政府が南京を返した後、重慶は依然として直轄市であった.
 
新中国を建つ初期、重慶は中共中央西南局と西南軍政委員会の駐在地として、西南エリアの政治、経済、文化の中心部であり、中央直轄市になった.
 
1954年西南大区を廃止した後四川省に所属する市になった.
 
1983年予め全国経済体制統合改革試験都市となり、特別な計画を実行して省級の経済管理権限を与えた.
 
1992年沿江開放都市になった.
 
1996年9月中央により重慶は万県市、涪陵市と黔江エリアを代わって管理することを批准した.
 
1997年3月14日、第八回全国人民代表大会第五次会議の審議批准を経って、重慶は正式に中国の第四、西部エリアの唯一の直轄市となった.これから見ると、重慶の建設と発展の歴史において新たなページを開いていた.
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します