简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

ドイツのデュッセルドルフ市長トーマス?ガイゼル氏:重慶と都市交通分野で協力を展開してほしい


ドイツのデュッセルドルフ市長トーマス?ガイゼル

    11月28日、重慶に訪れて来たドイツのデュッセルドルフ市長トーマス?ガイゼル氏は本社記者のインタビューを受ける際、「重慶がデュッセルドルフ市との間に都市規模における差が大きいですけど、都市建設において両方とも共同の圧力に直面しています。デュッセルドルフと重慶と間、都市交通、旧城改造などの協力を求めてほしいです」と表す。
    2004年、重慶とデュッセルドルフが正式的に友好都市を締結している。インタビューでは、トーマス?ガイゼル氏は中国駐デュッセルドルフの第一位総領事たる馮海陽さんが重慶出身であるのに対して嬉しいと特に取り上げた。彼の紹介により、今、デュッセルドルフは重慶と多方面にわたる協力を展開している。例えば、デュッセルドルフ大学の聖温晨茨病院が重慶の新橋病院における骨科と固定的な学術連絡メカニズムを確立し、デュッセルドルフ市は四川美術学院と学術交流メカニズムを確立し、両方とも芸術家を夫々二名派遣し、国境を越えて交流と学習させることになった。
    トーマス?ガイゼル氏は「目の前に、デュッセルドルフが前世紀90年代に建てた町並みを改造しております。改造中では人間本位、自転車で出かけることを提唱、旧城改造と開発が並行するのを原則として、旧城改造と新しい市街の企画を有機的に組み合わせるに努めて、多いほど若者を引き寄せて、彼らを旧城に戻さかつ住ませて、旧城に生気と活力を与えます」と表わした。
    「重慶はデュッセルドルフとの間に都市規模における差が大きいですけど、都市建設において両方とも共同の圧力に直面しています。」重慶がデュッセルドルフと共に直面するのはどのように旧城の交通が都市改造のペースに追いつくなのかという共同の問題だとトーマス?ガイぜルは考えた。両都市の旧城における交通と都市企画を有機的に融合し、都市の持続可能な発展を実現するために、彼は双方がその分野で検討と協力を展開してほしい。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します