简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

内陸から世界に繋ぐ「難渋」を消滅に

    中シン(重慶)戦略相互連係パイロットプロジェクトの本格始動から、一年が過ぎた。ここ一年間、中国とシンガポール両方は、一貫として金融?航空?交通?情報通信という四つの合作分野において、「11+7」の戦略的イノーべションを起こし、内陸から世界に繋ぐ資金?物流?情報関係の「難渋」を消滅させ、発展を牽制する物流と融資のコストを低下させた。
 

    47つのイノベーション政策、複数の内陸「一番」を作り上げた
 

    今年5月、シンガポールフレイトリンクス物流は中國國際金融株式有限会社と契約調印し、重慶で人民幣10億元のパンダ債を発行することとなった。境外企業が我が内陸地区でパンダ債を発行するのは初めてということで、当の国際間融資ルートが正式に開通されたことを示している。
 

    中シン(重慶)プロジェクトが作り上げた内陸「一番」は、他にも、ヨーロッパとアジア間の鉄道?航空?道路?水路からなる多様連絡運輸を初めて実現させたことと、内陸から東南アジア諸国に連絡する道路国際物流大通路を初めて開拓したことなどがある。
 

    これらの「一番」の後ろ盾は、両方が内陸地区の発展不足に対し、金融?航空?交通物流?情報通信という四つの分野で実施した「11+7」政策イノーべションシステムである。両方の資金融通、物流連係と情報伝達を実現させるため、目下、各関係部門と委員会は既に40あまりの細分したイノーべション政策を正式に提出した。
 

    実例として、中国中央銀行と中国銀行業監督管理委員会を初め、各部門と委員会が国際間人民幣業務試験の稼働、両方互いの金融機構成立、シンガポールでの企業上場など政策イノーべションに支持を与えることや、両方が連携して国際多様連絡運輸を詮索することに、重慶空港がシンガポールに「以遠権」を付与することと、両方が合作を通じて海底高速通信光ケーブルを引くことなどが挙げられる。
 

    中シン(重慶)プロジェクト管理局長韓寶昌氏によりますと、以上に限らず、中シン(重慶)プロジェクトは、地理的境界を設けていないゆえ、「重慶+国内外」「有形+無形」という新しいモードを作り上げた。戦略から見ると、これは重慶の発展だけに考慮を置いたのではなく、影響力や、システム複製の可能性を向上させ、「一帯一路」など国家戦略の助力になるのに配慮したものである。
 

    多様連絡運輸構成、物流コストの難関を乗り越える
 

    「高すぎる物流コストと融資コストは、中国内陸の発展に対する最大な障害である。」シンガポール首相府部長、陳勝聲氏によりますと、この二つのコストを「ダブルダウン」させられるかどうかの問題は、今回の合作が成功であるかどうかを評価する基準である。
 

    目前、「渝?シン?ヨ」大通路の起点である重慶団結村に、特殊な地図が一枚ある。そこには、ユーラシア大陸を横切って、重慶とヨーロッパの交通要衝であるデュースブルク(ドイツ)を結びつける「渝?シン?ヨ」が描かれていれば、重慶を円心とし、シンガポール?香港?東京?ソウルなど主なアジア都会をカバーする円も描かれている。
 

    これは中シン合作プロジェクトを頼りに、重慶が「渝?シン?ヨ」に対して設定した新たな目標である——すなわち、「ア?シン?ヨ」にレベルアップし、ヨーロッパとアジアの間の鉄道?航空?道路?水路からなる多様連絡運輸を実現させることである。
 

    「内陸地区の物流コストはGDPの16%も占め、沿海地区の8%と先進国の4%を遥かに上回っている。」中国交通物流協会?連絡運輸支部事務総長李牧原氏によりますと、異なる運輸方式間にある渋滞たる連絡は、物流コストを高くする主な原因なので、物流コストを低下させるには、多様連絡運輸を発達させなければならない。
 

    前月、「渝?シン?ヨ」列車に乗ってドイツのデュースブルクから発した1組の高級ブランド品は、12日間後に重慶に到着し、また5時間の空中運輸で保税地域から直接シンガポールに到着した。統一した積み荷目録と運輸装置で鉄道?航空連絡運輸した荷物は、これが初めてということで、当の運輸期間は航空運輸より12日間長かったが、コストはその五分の一である。
 

    重慶市経済と情報化委員会副主任、物流弁公室主任楊麗瓊氏によりますと、将来、ヨーロッパの荷物が「渝?シン?ヨ」を通じで重慶に運輸され、続いて航空運輸で重慶から航空円径が四時間であるアジア都会に運輸されることができ、従って、重慶を円心とする「四時間航空経済サークル」の形成も、物流コストを大幅に低下させる。
 

    重慶からユーラシアに繋ぐ「鉄道?道路連絡運輸」も既に実現した。重慶から発した道路運輸荷物は、広西憑祥港を経てベトナムのハノイに到着する。その運輸期間が海上運輸より20日間以上短縮し、コストが航空運輸の五分の一である。
 

    更に、両方が将来、二つの「下南洋」急行線、つまり中部線路(重慶―雲南磨憨―シンガポール)と西部線路(重慶―雲南瑞麗―ビルマラングーン)を開拓する見通しである。
 

    多様化した融資ルート、融資コストの制約から離脱
 

    近日、中シン(重慶)プロジェクトを通じ、重慶西部物流町はシンガポールで5億ドルの獅子町債を発行することに成功した。これによって、例の物流倉庫施設を新設する計劃も実施に至った。
 

    重慶西部物流町の責任者が、「昔、境外で債券を発行するには、企業が境外で主体を持たなければいけないうえ、資金還流になったら、また国内で新たな主体を成立しなければいけなく、手続きはかなり煩雑である。しかし、今では、企業は直接にシンガポールで信用債券を発行することも、資金を直接に還流させることもできる。時間コストが1年から3ヶ月に下がった以上、国内融資と従来の海外債券発行と比べ、その金利も低い。」と述べてくれた。
 

    「企業の融資コストを高くする原因は、融資ルートの単一である。」シンガポール取引所長、黄良穎氏によりますと、融資コストを低下させるには、企業の融資ルートを広く開拓し、資金源の多様化を実現させなければならない。
 

    両方の多様化国際間投資?融資ルートが段々と成り立ってきた。企業のシンガポールで発行した債券、または貸付金が既に32.2億ドルに達した;他、両方は合作を通して、「一帯一路」に影響を及ばす株権投資基金も作り上げた;中信銀行国際運営センターが重慶に入居することによって、年ごとの決算額は何千億元も勘定することになる。
 

    一方、両方はまた中小企業向けの金融サービスネットの作成中である。その一例として、中国銀行とシンガポールフラートン金融は、重慶で11軒の町村銀行を設立し、中小?零細企業に対し、より多様化の製品とサービスを提供することが挙げられる。
 

    データによると、実行済み融資プロジェクトの平均融資コストは、今年重慶市1-3年間貸付金の平均金利より0.6%低下し、1.3億元台のコスト節約を実現させた。将来、長期にわたる政策的配当に伴い、融資コストも引き続き低下する見通しである。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します