简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

重慶市が越境決算簡略化を推進、内陸の高地建設の開放を助力

    10月23日、国家外貨管理局重慶市外貨管理部(「重慶外管部」と略称)は中信銀行国際業務運営中心センターが重慶市に設立されたと明らかにした。今年の年末、このセンターは正式に運営する望みがある。
    「該運営センターの定位は全国に向いて越境決算、市金融通等の綜合的なサービスを提供しています。これから、運営が徐々に成熟するに伴い、このセンターは重慶市の既有の千億ドル級の越境決算に大きく増加させ、決算の規模に新しい局面を開きます。」と重慶外管部国際収支処の関係者は言った。
    近年、重慶市は金融外国為替の改革を深く推進し、越境金融決算の便利化を探求して推進し、貿易投資の便利化のレベルを徐々に向上し、内陸の高地建設の開放に有力な支持を提供する。
    この背景には、中信銀行国際業務運営センターを含んだ若干の決算類の金融機構及び創新の越境金融決算サービスは機運に乗じて生まれる。
    多くの措置によって越境金融決算の便利化を推進
    2010年、ヒューレット
·パッカードの収支、決算の「グローバリゼーション」の特徴及び需要に対して、重慶外管部等の機構は ヒューレット·パッカードに大きな支持を提供し、は重慶市に決算センターを設立した。2014年から、ヒューレット·パッカード決算センターの経験を生かして、広達、緯創及び力帆集団等の多国籍企業が外国為替資金を集中して運営することを徐々に強力に推進する。
    2011年、何からの経験がない背景には、重慶市は全国初めの非金融企業の販売引き取りの新しいモデルを開拓し、力帆集団を銀行間の外国為替資金市場で引き取りを行う全国初めの非金融企業にするということを成功に推進した。
    2016年以来、重慶市と「一帯一路」沿線の国家及び地区との国際貿易及び融資決算を支持するために、関係機関は陸地運輸、綜合的な運輸に基づいた陸地国際貿易融資規則を積極的に探究し、貨物運送状の発行、貨物引き渡し、登録検索、信用の増進等の組み合わせシステムを構築している。この上で、中国とヨーロッパの列車(重慶)の貨物運送状を提出した際、同時に輸入自動車の信用状の決算、輸入荷為替等の融資を初めて実現した。
    重慶市が越境金融決算の便利化を探求することは多くの方面に及んでいると言われている。主に多国籍企業のグローバル資金の集中決算、外国為替資金の集中運営の展開、非金融企業の販売取引の推進、越境エレクトロニックコマース外国為替資金の支払いの試行、陸路国際貿易の融資規則の確立を含んでいる。
    現在、このような措置は著しい効果が現れる。統計によると、今年8月末までに、ヒューレット
·パッカード決算センターは合計で5099億ドルの決算量を完成し、そのグローバル資金流量の1/6を占めた。外国為替資金の集中運営をを実行する11の多国籍企業は合計で460億ドルの資金収支を完成した;力帆集団が銀行間の外国為替資金市場で引き取った資金は38.2億ドルに達した。越境エレクトロニックコマースは比較的に速く発展しつつあり、35.7億ドルの決算を累計した。
    企業は決算コストを節約
    この一連のデータの背後に、企業は国境を超えた決算の便利化、資金使用率の向上、決算コストの低減及び越境資金の流動リスク等の方面に、確実な利益を得た。
    力帆集団を例にする:外国為替資金の集中運営によって、該集団は国内外の余裕な資金を集中して使用し、過不足を調整し、それによって、越境資金の流動リスクを低減し、集団資金の配置効率を向上させる。
    一方、銀行間の外国為替資金市場に直ちに入って、外国為替資金の「卸値」を享受することができるから、力帆集団は外貨を受け取るコストを大幅に節約したー1ドルに両替するごとに、過去銀行で外貨を受け取るコストより1分2厘を節約することができる。これによると、2010年から今年8月まで、該集団は合計で6000余元を節約したと推測された。
    20年前、外国と貿易をした際に、越境資金の決算手順が複雑で、企業は作業員に銀行、、外国為替 等に関する機構に関連の手続きをさせて、非常に手数をかけた。現在、外国為替の管理は企業の需要によって導かれ、企業に大きな便利を提供し、企業の貿易と投資との空間を大幅に開拓すると力帆集団のある役員は感慨深げに言った。
    金融外国為替のサービスを徐々に改善
    実際に、全体から見ると、重慶市の収穫も大きい。
    越境金融決算の日々の便利化は巨大な資金が重慶市に進出及び積み重ねる良好な局面を形成し、重慶市の金融業の資金池を拡大し、更に金融業のサービス能力を向上させる。同時に、模範の効果も形成し、ますます多くの国内外の企業を引いて重慶市に本部を設立し、金融機構は重慶市に決算類の機構を設立する。
    例えば、建設銀行、農業銀行、平安銀行及び中信銀行等の多くの銀行は近来、相次いで重慶市に越境決算、オフショア業務等の地域性或いは全国性の機能本部を設立し、且つ新しいモデル、新しい業務を積極的に探究すると重慶外管部国際収支処の関係者は紹介した
    徐々に改善された金融外国為替サービス等の支持のおかげで、近来以来、重慶市の対外開放のレベルを著しく向上させ、外国との貿易の発展形勢が急激であると重慶外管部によって提供された一組のデータは表明した。2016年、全市の輸出入総額は628億ドルに達し、銀行は顧客の代わりに引き取った外貨の収支総額が1031億ドルに達し、2012年よりそれぞれ63.1%と65%が増長した;今年1-8月、この二つのデータは各々409億ドルと747億ドルに達し、いずれも中西部で一番目に位置している。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します