简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

開放的な重慶はドイツのデュッセルドルフに登場

    現地時間12月11日、「2017感知中国?重慶篇—ドイツ行」という活動はドイツのデュッセルドルフに登場する。活動の最初日に重慶経済産業プロモーション及び沙坪壩区外資誘致プロモーションを行い、100家ぐらいのドイツ企業が参加した。
    「感知中国」活動は国務院報道弁公室が立ち上げ、十数年以来、すでにアメリカ、フランスなどの40以上の国に開催した。今回の「2017感知中国?重慶篇—ドイツ行」は、務院報道弁公室の指導、重慶市政府報道弁公室などの機関の主催により、「重慶時光」写真展、映画展を中心とし、重慶とデュッセルドルフが経済、文化、科学技術、教育、観光などの方面において情報を共有して、友好都市間の深い協力を一層推進することを目的として、デュッセルドルフ商業協会などの機構と交流を行った。
    プロモーションにて、在デュッセルドルフ中国総領事館総領事 馮海陽氏、ドイツ?中国経済連合会事務総長 白希可氏、及びデュッセルドルフ工商会副主席?貿易主管ジェラルド?ホーフブロイ博士は挨拶した。
    そのあとで、重慶市商務委員会副主任 彭和良氏は来客に重慶の内陸開放高地、中国?シンガポール(重慶)戦略相互連係パイロットプロジェクト、及び重慶自由貿易易試験区の基本状況を紹介した。重慶市沙坪壩区政府副区長?重慶西部物流町管理委員会主任 戸邑氏は重点的に重慶西部物流町を推奨した。
    ドイツ自動車販売元、ドイツの中国向けの輸出入業者及び代理業者は、重慶へ来て病院、研修機構などを投資する意向がある。100家ぐらいの企業は現場に来て交流を行い、その中数家の企業が重慶に興味があることを表示した。
    「時宜にかない、目標を定めてから事を行うプロモーションです。」在デュッセルドルフ中国総領事館総領事 馮海陽氏は挨拶の時にそう評価した。ドイツ?中国経済連合会事務総長 白希可氏は、「プロモーションにて、重慶の経済と物流への支持が深く印象を残らせた。現場にて重慶にあまり了解しないドイツ企業がたくさんあるが、今日まで、中国においてこのような大きい都市があると初めて知った。同時に、投資と経済貿易の活動には可能性が多いある。」と述べた。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します