简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

都市共同配送実施方案決定 企業はただちに狙いを定めた

02-10-2017

   
    重慶物流情報化が加速成長する見込む。2月4日、重慶市『五大機能地域の都市共同配送実施方案』が配布された。計画によると、2020年までに、全市都市共同配送率は30%を達し、その内都市機能中心区及び都市機能開拓区は50%に達する予定である。商貿物流三級配送体系は基本的に建設を終え、都市端末共同配送センターは基本的に全地域カバーを実現している。現在重慶市物流とサプライチェーン協会、外来資本などはいずれも重慶の共同配送に力を入れ、物流情報化の機先を制している。
    計画 合計38カ所の共同配送センターを設置する
    計画によると、関連部門と企業は公共用倉庫物流施設の建設を加速し、物流配送資源を整理し、業界内の物流技術、運搬車両とデーター情報のシェアを推進し、ソースシェア、ウィンウィンの場面を築く予定である。
    都市共同配送体系をどのように築くのか?都市機能中心区は「三基地三港区」の国家級核心物流要衝と節点型物流園区を中心として電子商取引、日用品、医薬品、農産品、コールドチェーン、自動車バイク部品、ホームセンターなどの一流物流配達センターを配置する予定である。都市共同配送に注目し、龍興、空港、蔡家、歇馬、土主、南彭、迎龍、白市驛など8つの共同配送センターを重点的に企画し、適度に電子商取引物流、農産品共同配送センターを建設する。950カ所以上の端末共同配送拠点を配置する。
    都市発展新区で、重点的に区級総合型共同配送センター13カ所と端末共同配送拠点1150カ所を配置し、国内外にも通じる、連携順調、城郷連動の配送施設ネットワークを築く。
    渝東北生態維持発展区、重点的に区県総合型共同配送センター11カ所と端末共同配送拠 点600カ所を配置し、城郷一体の共同配送ネットワークを築く。
    渝東南生態維持発展区では重点的に区県総合型共同配送センター6カ所と端末共同配送拠点200カ所を配置し、品種が豊富で、便利なサービスを有する城郷物流配送体系を完備する。
    チャンス これらの企業は機先を制する
    重慶市商務委員会の関係者の紹介によると、重慶は大型商貿物流企業をサポートし、共同配送モードの創新、サプライチェーン上流?下流物流配送資源を整理し、長期的な安定した共同配送連盟を築き、都市共同配送を展開し重点的に日用品、電子商取引、農産品及びコールドチェーンなど専門物流の共同配送を推進する。
    2020年まで、10軒ほどの物流配送リーダー企業と40件ほどの配送中心企業を育成し、全市都市共同配送率を30%以上まで上げ、主城区都市共同配送拠点のカバー率が50%、郊外区県は40%、農村統一配送率は30%を達成する見込みである。
    どのような企業が発展の機先を制するのか?方案により、5軒ほどのチェーン店が多く、営業規模が大きく、倉庫配送体系が完備した大型スーパー等の企業を選び、3PL配送から3PL物流企業へ発展することを激励しており、それにより企業のチェーン店や社会拠点に統一配達サービスを提供し、共同配送率を90%以上までアップさせる。
    同時に実力のある国営、民営3PL企業がマイクロ都市配送企業と個人経営者を吸収し、企業の成長を促進する。主城区で15軒ほどの日用品、電子商取引、コールドチェーン、医薬品、農産品、専門市場等共同配送の重点企業を育成する。各郊外区県では一つの城郷共同配送重点企業を育成する。
    電子商取引物流端末は全市で端末共同配送拠点店舗500カ所以上または公共スマート受け取りボックス1000カ所以上有する端末配送企業を3~5軒育成。各郊外区県で端末公共配送拠点の建設と配送を担当する企業を1軒育成する。
    影響 物流コストの10%削減につながる見込み
    重慶市共同配送実施方案が決定された際、多くの企業がビジネスチャンスを嗅ぎつけ、物流情報化に力を入れている。近日、国内大手物流情報化プラットフォーム「砂師弟」が重慶に拠点を築き、「インターネット+」物流、貨物運送物流ビックデーター分析により、データーの裏に隠されたチャンスを発掘した。現在は国内で100カ所の都市で配置を終え、徐々に全国をカバーする、オンラインオフラインを結合したサービスプラットフォームが形になっていく。
    「砂師弟」関係担当者の紹介によると、全国3000万あまりのトラックドライバー及びオーナー、物流企業を中心に貨物運送情報交流プラットフォームを築き、オンライン情報シェアを実現し、従来の物流企業によってオフライン貨物の基準化処理を実現し、情報の一致を達成し、コストを削減し、収益を上げ、リスクを抑えることができるそうだ。
    重慶市物流とサプライチェーン協会も真っ先に行動をとり、九州国際汽摩城等を連携し、同程達都市共同配送プラットフォームを築き、公共物流情報配送プラットフォームの020車両マッチングシステムにより、専車モードやカーシェアモードを拝見してオーナーとドライバーはいずれもアプリで車両と貨物の情報を配布することができ、マッチングが成功した後、貨物の運送追跡と到着確認ができ、都市都市配送物流情報の透明化を実現する。
    重慶市物流とサプライチェーン協会メンバーの紹介によると、情報化物流プラットフォームを利用することで、オーナーは夜に仕入れ先の情報を整理せずに済み、ドライバーは配達の途中で帰り道で配送する貨物をマッチングでき、物流園へ向かう時間や駐車料金を節約でき、次の倉庫へ向かい、貨物を受け取った後すぐに帰ることができる。現在中国の物流市場毎年の規模は万億級に達しており、社会物流総費用はGDPの約17%を占めており、先進国はわずかな10%である。共同配送を実現した後、物流コストを10%~20%削減できる見込みである。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します