简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

「重慶製造」骨修復材料は アメリカ独占の場面を変えた

02-10-2017

    2月6日に、渝北空港工業園区で重慶潤澤医薬有限公司が多孔質タンタル再生性骨修復材料を研究開発し、国内がこの分野での不足を補ったとのこと。
    該社社員の紹介によると、骨欠損はよくある病状であり、骨構造の完全性が破壊されたことである。医学治療で国際的には通常多孔質タンタル材料の破壊された骨の修復手術を行い、骨欠損を治療している。手術後4~6週間で植え込んだ多孔性タンタル材料が体内の健康な骨とつながり、今後交換する必要はない。しかしタンタル金属は密度が高く、加工が難しいなどの制限があり、世界でもこのような製品を製造できるのはアメリカのある企業一軒のみ。
    この現状を変えるため、重慶潤澤医薬有限公司は大きな人力財力を投入し、自主知的財産権を有する国産多孔質タンタル材料を研究開発し、現在は既に3つの国家級課題、2つの重慶市課題を申請し、重慶市医療用金属材料工程技術研究センターを設立し、同時に851点の特許を申請し、その内706点が許可された。国産多孔質タンタル材料が量産上場した後、この価格は輸入製品のわずか半分になる見込みである。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します