简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

五つのメカニズムの体制革新で 「渝新欧」の成長後押し

04-24-2017

    先日、重慶市経済と情報化委員会によると、五つのメカニズムの体制革新で、「渝新欧」の開通と更なる「成長」を後押したという。目前、「渝新欧」を運行する班列は既に1000本を突破し、重慶市の物流コストを40%低減させた;今年、「渝新欧」を繋ぐ班列を500本まで開通される予定である。
    紹介によると、目の前、中欧班列(CHINA RAILWAY Express)の中で「渝新欧」を運行する班列は運行時間が最も早く、数が最も多く、サービスの質が最も優れ、国際からの好評?影響力が最も大きくて、既に中欧列車を代表する重要なブランドになった。
    重慶市経済と情報化委員会により、「渝新欧」が運行してから、重慶市は既にコピー?普及可能な経験を見出して、以下の通り五つのメカニズムの体制革新を実現した。
    一、沿線「五カ国六方」の鉄道連席会議制度を設け、アジア?欧州の鉄道組織双方が同一の運送状を使用する先駆けをなしたこと。
    二、国境を越えた税関の国際的な協調メカニズムを構築し、沿線国家において一回的な通関手続き?検査した後、検査なしで直接に終点に到着できるといったグリーン通行メカニズムを実現したこと。
    三、貨物量が運賃に関る課金の連動メカニズムを構築したこと。過去において、「渝新欧」沿線各国の運送料金はまちまちで、高低差が約1倍ともなる。目前、「渝新欧」は既に貨物量が多いほど1キロ当たりの運賃も安くし、運送料金は年々低下しているメカニズムを構築した。
    四、政府指導と市場運作を組み合わせたメカニズムを構築したこと。政府方面には、重慶は市役所物流協調事務室を設け、主に物流通路の組織建設を担当し、国家関係部門と鉄道、税関等の事務を協調する;会社方面には、中国鉄道部門、ロシア鉄道部門、カザフスタン鉄道部門、ドイツ鉄道部門及び重慶交通運送グループにより合資された渝新欧(重慶)物流有限公司を組み立て、国境を越えた鉄道による沿線各国の物流業務を直接に接続した。
    五、輸送安全と冬季輸送の確保を強化したことである。「渝新欧」ルートの途中温度差は、電子製品が耐えられない70℃まで達するので、重慶側は特殊な保温材料を研究?開発し、貨物に「水のベスト」をつけ、鉄道輸送に適合する製品がいつでも出荷できるよう整えた。同時に、重慶側は「渝新欧」コンテナ衛星測位追跡システムを研究?開発し、貨物輸送上の安全問題を解決し、中欧貨物列車が独自に国際郵便を行う先端を走った。
    現在、「渝新欧」は専用列車から公共列車への変換を実現させ、発車頻度を周に1回から日に1回、または日に数回に増やした。「鄭欧」、「義新欧」など、十数本のユーラシア貨物輸送ルートをも生み出した。
    「渝新欧」ルートが輸送する貨物は、多元化を実現した――最初はノートパソコンを主とし、今は自動車及びその部品、機械製品、コーヒー豆、工芸?工業用品と生活用品も含まれている。長安フォード、ファウェイ、リーファン、後谷コーヒーなどの大企業は、「渝新欧」の大口顧客になっている。
    「渝新欧」輸送ネットの幅は日々に拡大しつつある――沿線諸国と長江経済帯沿線における各主要都市の貨物集め及び配布が実現され、「一帯一路」沿線各国とエリア間の協力関係を強めた。「渝新欧」、航空貨物輸送ルートなどの新設により、重慶は西部地方に水運、鉄道、航空、道路など、諸種の輸送資源を備えた唯一の内陸国際物流センターになり、グローバル産業発展の勢いに乗っている。
    市経信委によると、今年は「渝新欧」によって、当市の物流コストをさらに10%低減する予定である。当市は「渝新欧」の支線と多様式連合輸送国際貿易線路の開拓を中心としていく――「渝新欧」のハンガリー支線、ロシア支線などを開発し、「渝新欧」鉄道?航空連合輸送線路や「渝深」バックホール、「渝甬」鉄道海運連合輸送線路、「渝桂新」鉄道海運連合輸送線路などを開設する。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します