简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

重慶ポートの自動車輸入量が激増

05-22-2017

    5月11日?記者が重慶出入境検験検疫局の取材によると、当部門は一連の革新的な政策を立てることにより、商品輸入を一層便利にさせ、重慶ポートの自動車輸入量を激増させた——2016年、重慶ポートの自動車輸入量は2172台、前年比7倍増加した;2017年第1四半期は686台、その貨物総額が3765万ドルに達し、前年同期比それぞれ294%と196%増加した。そのため、重慶ポートは「内陸における成績が最もよい自動車ポート」の一つと称賛されている。
    重慶出入境検験検疫局の関係者によると、検験検疫効率を上げて、商品を「一帯一路」沿線国間で円滑に輸出入できるために、重慶市は主に以下のような対策を立てている。
    まず、「渝新欧」コンテナで輸入された自動車に対し「同じ検査ロット」を行い、即ち同班列、同出荷者、同規格、同一条件で生産された製品を同じバッチと見なすこと。合格と評定された自動車に対し一台につき「並行輸入自動車検査表」が交付されること。
    次に、「輸入自動車スマート検査監視管理プラットフォーム」を開設し、第三者の検査データが自動的にアップロードできるスマートプラットフォームシステムを開発?応用して、車両検査結果の登録、及び証明書類の発行についての自動化を実現したこと。
    同時に、当市は輸入自動車の第三者検査結果に関する信用制度を正規化し、「合格保証+適合性評価」という合格評定手続きの組み合わせを取り、第三者検査機構の専門技術的優位性を完全に発揮させ、検験検疫部門のリスク管理及び品質追跡にも役立っていること。
    以上の対策により、重慶ポートは自動車検査時間を一台15分から6分まで、平均通関時間を7日から3日まで短くした。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します