简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

重慶はハンガリーと「手を繋いで」、「一帯一路」により淘金

05-25-2017

    5月16日に開催された中国-ハンガリー中小企業海外投資及び貿易商談会で、400軒余りの中国、ハンガリー中小企業が協力商談を行った。現場では、中国?ハンガリー技術移転中心(重慶)などの項目がスタートし、隆鑫ホールディング有限公司などがハンガリー国家貿易署と「提携覚書」に署名した……重慶はハンガリーと手をつなぎ、ハイテク、観光、体育、農業などの分野を巡って協力を深化する。
    商談会の現場で、巴南区、隆鑫ホールディング有限公司、重慶箱根温泉グループはそれぞれハンガリー国家貿易署と「提携覚書」に署名し、「東温泉小鎮」という観光項目を共同で作ろうとしている。
    「今回、我々はハンガリー側と技術協力に取り組んで、東温泉熱洞を利用し、国内初の洞窟温泉を作ろうとしています。」重慶箱根温泉グループの担当者はそう述べた。
    温泉項目を除いて、重慶はハンガリーとハイテクの協力も開始しようとしている。今、ハンガリーは医療、自動車、電子情報などの分野において世界最先端の技術を持っている。中国?ハンガリー技術移転中心(重慶)の建設を完了した後、ハンガリーの技術を重慶地元の産業に融合させ、重慶産業のバージョンアップを推進する。
    また、重慶はハンガリーと体育、農業、教育などについての協力を強化しようとしている。
    「電子情報分野で、ハンガリーは重慶との良好なドッキングを実現しました。当市がハンガリーに輸出した主要製品の内、液晶モニター、携帯式自動データ処理設備、パソコンハードディスクドライバー、ミクコンピューターのパーツ、タブレットなどは大きな割合を占めている。」市商務委副主任熊林はそう説明した。
    今年の4月15日、「重慶―ハンガリー」班列は運行を成功した。この商談会に、渝新欧(重慶)物流有限公司はハンガリーEKOL(エコル)物流会社と「渝新欧鉄道物流提携覚書」に署名した。これは、将来、より多い「メイドインジュウケイ」がブダペストに直通できるようになることを意味している。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します