简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

中国·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクト連合協調理事会第三回会議が重慶で行われた

    8月31日、中国·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクト連合協調理事会第三回会議が重慶で行われた。シンガポール総理公署部長陳振声、重慶市市長張国清が会議を共同主催した。
    会議では連合委員会第二回会議摘要を確認し、中国
·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクト目の推進状況を聞き入れ、多様通し運輸と南向通路の二つの重点プロジェクトを研究し、第二回会議で議論して決めた事項の推進状況のを確認し、今後の方針について話し合った。
    シンガポールと中国の関係は古く長い歴史を持っており、広く、深く関わっていると陳振声が語った。中新連合模範項目について、両側のリーダーは実質的な内容について深く討論し、中国
·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクトの推進に決心と自信を持ち、肯定の意見を見せた。中国·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクト南向通道により、重慶とシンガポールを繋げ、中国西部地区と東南アジア諸国連合地区の連合と貿易を強化する。シンガポール企業も通路開通によるビジネスチャンスを手に入れ、中国西部交通物流などの分野の発展に参加する。シンガポールと中国の企業が積極的に南向通道の各種協力内容を開拓し、両国の協力を更に深めることを期待している。
    張国清の話によると、中国とシンガポール両国政府の契約した各種協議に基づき、両国は密接にコミュニケーションをとり、実際状況に応じて推進し、三級協力メカニズムを設立し、関連の重点改革を初歩的に編制し、中国側の57条支援政策とシンガポール側の「8+3」など一連の創新措置を相次いで発布し、90項目の重点プロジェクトを契約し、合計金額は200億ドルに達している。プロジェクトのモデル性、影響性、連動性が見られる。本日開催された連合協調理事会第三回会議は内容がとても豊富で、一連の成果を築き、多くのが一致した。次は習近平総書記の「優位性のあるスタート、ハイレベル、創新型中国
·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクト建設推進」要求に応じて、両国の開拓を深め続け、ビジョンを実際の行動に移し、特定項目計画を具体的なプロジェクトまでに実施し、政策送信とプロジェクト実行の良性循環を促進し、協力の範囲と深さを持続的に開拓し、政府と民間の智慧を集め、中国·シンガポール(重慶) 戦略的連携モデルプロジェクトを推進して成果を挙げ、両国民に幸福をもたらす。
    会議参加ゲストは中国
·シンガポール(重慶) 戦略的複合運送モデルプロジェクト「1+1」運営プラットフォーム除幕式に参加した。シンガポール総理公署部長、外交部兼人力部第二部長楊莉明、通信及び新聞部兼衛生部高級政務部長徐芳達、貿易及び工業部常任秘書羅錦賢、駐華大使羅家良、中国商務部等国家部委関連リーダー、広西チワン族自治区政府主席張暁欽、貴州省政府副省長盧雍政、甘粛省関連代表、重慶市リーダー呉存榮、陳緑平、劉桂平などが会議に参加した。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します