简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

中国·シンガポール連携プロジェクトの「渝黔桂新」南向鉄道?海上連絡輸送通路の常態化運行列車が始発

    9月25日、中国?シンガポール連携プロジェクトの「渝黔桂新」南向鉄道?海上連絡輸送通路の常態化運行列車の始発儀式が重慶鉄道港に行われた。
    市委書記陳敏爾氏が発車を発表した。市委員副書記、市長張国清氏が挨拶を述べた。市指導者王顕剛氏、陳和平氏が始発儀式に出席した。副市長劉桂平氏が始発儀式の司会を務めた。
    午前10時30分頃、陳敏爾は、中国?シンガポール連携プロジェクトの「渝黔桂新」南向鉄道?海上連絡輸送通路の常態化運行列車が発車と発表した。即刻、列車の汽笛が鳴り、27個の自動車?バイクの部品などの貨物を満載する列車が広西?欽州港へ進んだ。「渝黔桂新」南向通路は、中国?シンガポール連携国際物流通路の重要な構成要素であり、重慶より始め、広西などの沿岸?境界港を経て、鉄道?道路?海上など多種の輸送方法によって、「一帯一路」と有機的に繋がる複合型国際貿易物流通路である。企画に基づいて、南向鉄道?海上連絡輸送通路の常態化運行列車は毎週定期的に二方向の列車を互いに2便数発車し、後から続く発車の頻度をしだいに増加する。
    張国清は、習近平国家主席はシンガポールの李顕龍総理と面会したとき、「両方が中国?シンガポール(重慶)戦略的連携モデルプロジェクトを良く建設し、地方層に他の国を連れて国際陸海貿易新通路建設に参加させると希望する。『渝黔桂新』南向通路は中国?シンガポール連携プロジェクトの一つであり、その正式な開通が中国?シンガポール両国首脳戦略共通認識の具体的な行動を深く貫き、徹底させる。『渝黔桂新』南向通路は重慶を運営中心、関連省区を重要なノードとして、シンガポールなどの東南アジア連合諸国と共同協力し、複合型国際貿易物流通路を作り、重慶が内陸開放型経済の発展を良く推進すること、東南アジア連合経済協力に良く溶け込ませることについても重要な戦略的な意味がある。各方面が『政府引導、企業主導、市場運作』の原則を貫き、政策と制度革新によってインフラストラクチャーの改善?商品供給源の強化?運営メカニズムの改善をしていき、動き出す頻度を暗号化し、運行時効を向上し、国際陸海貿易通路ブランドを頑張って作って、『一帯一路』建設および長江経済帯の発展について新しい貢献を与える」と指摘したこと、と述べた。
    成都鉄道局、沙坪壩区、市関連部門と関連単位の責任者が始発儀式に参加した。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します