简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

始発中欧列車(重慶)越境ECの特別列車が重慶に荷を解く

    9月26日、始発中欧列車(重慶)越境ECの特別列車の開箱儀式が両路寸灘保税港区の空港機能区に開催された。今回の特別列車には共に41個貨車の貨物がある。その貨物は粉ミルクなどの母子製品を主として、総価値が500万ユーロに余る。
    今回の商品供給源組織は網易コアラ海外買付(以下は網易コアラと略称)。この企業は2015年に重慶?両路保税港区に拠点を構えると、すぐに中欧列車(重慶)と協力関係を結んだ。
    網易コアラの王暁副総裁は、今回の中欧列車(重慶)越境ECの特別列車における貨物が、市場の要求に応じて、一方、事前に「11?11」に用意するために、全部重慶倉に用いる。
    列車一回?意味二層
    特別列車の形式で越境ECの商品を輸送してくることは、中欧列車(重慶)の初回目であり、越境EC業界にとっても初回目である。その同時に、今回の特別列車が順調に到着したら、二つ意味がある。
    一つは、重慶が越境EC業界の西部地域の集散分配センターになることを促進できる。
    網易コアラ海外買付(以下は網易コアラと略称)は、今回の越境EC特別列車を利用して、26日に中欧列車(重慶)のプラットフォーム会社、Geodis国際貨物輸送会社と三者協力協議を署名した。協議の内容に基づいて、網易コアラは重慶をその西部地域の集散分配センターを建設する。
    網易コアラは越境EC分野の大手企業であり、昨年、その全国市場占有率が20%を超え、全国一になった;今年前半年、その全国市場占有率も全国一である。網易コアラの相手の中、Tモール、唯品会、京東商城などの大型企業がもう重慶に拠点を構えた。網易コアラと中欧列車(重慶)との協力が相手の戦略分布に影響を広く与えていると一目でわかる。
    そうすれば、重慶がもっと大きな越境EC産業クラスター、および全越境EC産業が西部地域の集散分配センターにならせることが期待される。
    実際には、重慶がこのような基礎を持っている。重慶が全国越境ECモデル都市の一つである。近年、越境ECは重慶の発展形勢が非常に速い。西永綜合保税区を例として、昨年、この区域の越境ECの保税商品準備が15億元に達した;両路寸灘保税港区を例として、現在、この区域における越境EC企業が170社があり、今年1~7月、越境ECの発注が前年同期比で74%上昇し、約260万個になる。
    「重慶にとっては地理優勢があり、中欧列車の中に最も成熟な線路である中欧列車(重慶)もあることがここに分布する理由だ」と網易コアラの王暁副総裁がそう述べた。
    一方、中欧列車(重慶)の復路商品供給源に意味がある。
    国内の数々の中欧列車にとっては、復路商品供給源の組み立てはずっと大きな問題である。
    2014年、国家が重慶に自動車TL輸送輸入港を設立した後、中欧列車(重慶)の商品供給源組み立てが有効的な解決を受けた。現在、自動車TL輸送がその復路商品供給源における最も安定な種類になり、中欧列車(重慶)も常態化運行を実現した。
    でも、まだ足りない。もっと多くの復路商品供給源を見つけるために、重慶がヨーロッパに連絡事務所を設立し、沿線にも28個の分配所も設立して、専門的に復路商品供給源の組立および調和することを担当する。今回の越境EC特別列車の順調な重慶到着が、中欧列車(重慶)の復路商品供給源の組立のため、有益な参考を提供した。
    「重慶の越境EC市場が非常に大きく、需要量も非常に高い。」王暁は、越境ECの貨物がTL輸送のよりもっと小さく、特別列車の形式で輸送することが引き合う。でも、越境ECについては大部分に日用消費財であり、販売頻度がTL輸送より速く、中欧列車(重慶)輸送の回数ももっと多くなる、と表示した。
    彼は、網易コアラが未来の三年間に、220億元あまりの生産品を仕入するつもりがある。これらの生産品において、西部地域さえ分布されば、中欧列車(重慶)輸送を通って、毎週最低一回に特別列車の形式で重慶に輸送することを例として説明した。
    それに対して、中欧列車(重慶)プラットフォーム会社の関係責任者は、今回の越境EC特別列車の動き出しが復路商品供給源にとって方向を提供したと表示した。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します