简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

ホーム   - 重慶今日   - 新聞  

CQ Webcasts

2018中国「インターネットプラス(互聯網+)」デジタル経済サミットが重慶で開幕

    2018中国「インターネットプラス」デジタル経済サミットが、4月12日に重慶で開幕した。全国各地からの代表企業、専門家?学者、政府関係者などはこの山に囲まれた都市に集まり、「新エコに助力、新チャンスを共有」というテーマをめぐって、中国の「インターネットプラス」デジタル経済という遠大な発展計画を共謀した。重慶市副書記、市長の唐良智氏、および人民日報副社長の張建星氏などはこの開幕式に出席し、挨拶を述べた。
    唐良智氏は挨拶のなかで、重慶市委員会?重慶市政府また陳敏爾書記を代表して、重慶にいらっしゃった現場の皆様に歓迎の意を表した。また、唐良智氏は以下のように述べた。新時代に入り、インターネットやビッグデータに代表されるデジタル革命は経済形態とライフスタイルを甚だしく変えており、また未曾有の勢いで経済発展に関する新しい未来図を再構築している。中国共産党第十九次全国代表大会において、ネット強国?デジタル中国?スマート社会の構築、およびデジタル経済の発展が挙げられた。一方、国家ビッグデータ戦略を加速し、デジタル中国を構築しなければならないと、習近平総書記にも度々強調された。これらから見ると、中国デジタル経済に対する絶えない最適化に伴って、デジタル経済は経済の高質発展を推し進める重要なパワーになるに違いない。現在のところ重慶市は、中国共産党第十九次全国代表大会の精神を深くまで習いながら貫徹して、習近平総書記による重要な発言精神を全面的に貫き、遂行して、重慶に対する総書記の「二つ」の位置づけ、「両地」?「両高」目標と「四つの着実」要求を仕事の中心として、ビッグデータのスマート化に導かれる革新駆動型発展戦略についての行動計画を整備して、スマート産業?スマート製造?スマート化応用からなる「三位一体」発展枠組みを重点的に構築して、さらに全国一流のスマート化都市の建設に尽力している。重慶はスマート産業、スマート製造、インテリジェント応用、インターネットインフラとサイトなどの方面においてよい基礎や遠い前途を備えるうえ、みんなとデジタル経済の発展機会を共有、「インターネットプラス」デジタル経済の美しい未来を共創すると喜んでいる。
    張建星氏は、現代の中国にデジタル経済が力強く発展しているうえ、「インターネットプラス」は「深く融合」に向かって、実体経済や民生、政府政務と新技術との結合がもっと密着?融合になるため、もっと多くの価値があるアプリが製造され、もっと多くの人に革新の成果を体験させる。人民日報社は中央の部署に従って、積極的にメディア融合の実践に身を投じて、人民日報ニューメディアプラットフォーム(中央厨房)を作り上げて使い、全国共産党メディア情報公共プラットフォームを建設し、陣地の開拓により融合を促進し、全国メディアの中に先頭を走るモデルとする作用を発揮し続ける。我々は中国の「インターネットプラス」優秀事例募集活動を絶え間なく向上し、もっと多くの領域の優秀な事例を取り入れ、デジタル経済の発展を一層促進して、デジタル中国の建設に新しい貢献をあげる、と語った。
    騰訊の馬化騰取締役会長兼最高経営責任者、華潤集団有限公司の傅育寧会長、京東集団の劉強東取締役会長兼最高経営責任者などの重要なゲストはサミットを出席した。
    重慶市政府により指導、人民日報全国共産党メディア情報公共プラットフォームと重慶市経済情報委員会、騰訊会社が共催するこのサミットは、現在、国内の「インターネットプラス」デジタル経済領域に最大の高級サミットであり、今年に中西部地区において初めて開催される。サミット期間中、騰訊研究院は『中国「インターネットプラス」指数報告(報告)(2018)』を発表し、その中、重慶が年度「インターネットプラス」総指数都市ランキングの7位となり、年度デジタル経済都市分数ランキングの9位となる。

   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します