简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

2013中国(重慶)国際クラウド博覧会閉幕へ 200社余りの企業が展覧会に参会

2013中国(重慶)国際クラウドコンピューティング博覧会は10月26日にて幕を閉じた。今回のクラウド博覧会は2012年のとくらべ、さらに専門的で現地らしい特徴がある。200社余りの企業及び機構が展覧会にてそれぞれのクラウド商品とサービスを展示したほか、6万人以上の観客を観覧に引き付けた。今回のクラウド博覧会で合計二つの展覧館を儲け、面積合計約21000平方メートル、前回より40%増した。参会企業200社余り、前回より31.3%増した。
今回のクラウド博覧会は、「産業の発展勢いを促し、マーケットの人気を集め、国際資本を引き付ける」ことを目的として、「クラウド計画」促進発展戦略とビッグデータ行動計画の促進や、情報消費の持続的成長の加速な促進、及び工業経済産業の転換などに、需要な甲斐がある。200社余りの企業及び機構によって参会されたほか、参会企業のタイプも、前回の「端子」を主とすることから「クラウドと端子の融合」に転換して、今回のクラウド博覧会の専門性を見せた。これだけではなく、HP、インテル、インベンテック、HUAWEI、NEC、中国電信、中国移動、中国聯通などを含む世界トップ500企業によって、展覧会にてそれぞれの主要クラウド商品が展示された。
ほか、今回のクラウド博覧会はわが市クラウド産業の発展において明らかな効果を収めた。インベンテック社により来年重慶でインベンテックの地域本部を儲け、西永で重慶市台湾クラウド協力案促進センターを立てることが公表された。中国聯通は、重慶で10万平方メートルを占めるデータセンターを立て、30万台のサービス器を配置し、重慶市クラウドコンピューティング産業の発展ニーズを満足させることを公表した。上海大漢三通通信股分有限公司は、重慶で全国最大なショートメールクラウドプラットフォームプロジェクトを建設することを公表した。太平洋電信重慶データセンターを太平洋電信の世界インターネットに整合し、中国における増え続けるハイレベルデータの要求にさらに満足させる。神州デジタルは北部新区と契約を結び、磊強通信は郵政、工商銀行、経済情報委員会、地方税局などの機構と契約を締結した。それと同時に、沢山の企業がクラウド産業の発展に付いて、区、県、パークと会談と接待を行った。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します