简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

重慶市人民政府よりロボット産業発展における指摘を発表

11-15-2013

近頃、重慶市政府により、『ロボット産業発展促進の指摘』を発表し、ロボット産業をわが市の重要戦略型新興産業として発展を促進していくことを確定した。
一、発展目標
工業ロボットをきっかけとして、技術の比較的に完全の商品の産業化を優先的に促進して、発展の基礎を固め、サービスロボットの発展を適時に促進する。商業誘致と現地ブランドの育成を通して、国際知名大手企業を集め、システム集成、ロボット本体と減速機、サーボモーターなど重要部品の面における比較的強い自主研究開発製造能力を持つようになる。2015年までに、全市ロボット産業の販売収入が300億人民元に達し、初歩的に、測量検査設計プラットフォーム、システム集成、完成機及びキー部品研究開発製造を一体化にする総合産業群を形成させ、ロボット産業基地もほぼ完成させる。2020年までに、完璧な研究開発、計測、製造システムをもつ国内における重要的で、世界影響力を持つロボット産業基地になる。全市ロボット産業販売売上が1000億人民元に達し、、ロボットを新たな要産業になせる。
二、激励政策
完成機と部品の研究と開発を支持し、応用システムの開発を促進し、「工業溶接ロボット産業科学技術支持模範工事」と「重慶ロボット産業技術革新とサービスプラットフォーム能力建設科学技術支持模範工事」をポイントとして支持する。 
工業ロボット商品と公共研究開発プラットフォームの建設を支持し、適時にそのほかロボットの研究と開発特許申請を起動させる。ロボット産業基地に入るロボット生産企業に対して、標準工場を借りる企業に一定の比率の補助金を付与する。
金融資本、リスク投資及び民営資本投資のロボット産業を激励する。先進的な技術、明らかな優勢をもつ、促進支持作用の強いプロジェクトに、信用融資面の支持を捧げる。条件を満たした企業とプロジェクトが国内外資本市場での直接融資を積極的に支持する。市内企業と国内外優勢企業との協力を激励して、ビジネス運営パターンを探り、市内応用企業と国内外主流ロボット研究開発製造企業との協力を大いに促進する。わが市テクノロジーリスク投資導入基金を利用して、国内外の金融資本を導入し、核心技術を持つ研究開発製造グループと企業のために株式投資、融資サービスなどを提供する。
国内外の高質人材の導入を加速させ、条件を満たせる高質人材に対し規定に従って関係優遇を与える。健全業界専門会の仕事体制を創り、高校と科学研究機構のロボット産業関係専門人材の加速教育を支持する。
三、産業パーク
基地ひとつ:重慶市ロボット産業基地。
機能区三つ:両江新区工業ロボット及びその付属機能区、江津双福工業パークサービスロボット機能区、璧山工業パーク特種ロボット機能区。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します