简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

重慶はグラフェン産業パークを建設し 5年間で生産値1000億元の模範基地を建設する計画

12-31-2013

12月25日、重慶グラフェン産業パークは金鳳電子信息産業パークで正式に幕を開いた。同時に、パーク内には上海南江集団と中科院重慶研究院が5億元を投資して建設した年間生産値1000万枚大面積単層グラフェンフィルター生産ラインの一期プロジェクトは正式量産を始めた。
重慶グラフェン産業パークはグラフェンタッチスクリーン、グラフェン製電子チップ用ラジエーター、グラフェンリチウム電池用電極材料、グラフェン半導体管などの産業方向を巡って、グラフェン産業上下流の応用技術の研究開発と応用製品模範拡販を通して、応用企業を主体とし、産学研をコンビナートした産業チェーン集団を構築する。産業パークは約5年間をかけてグラフェン応用研究開発企業を20社以上培養し、上下流の応用生産企業100余社を招致し、発展させ、生産値1000億元の国家級グラフェン産業化模範基地を目指す計画をしている。
市長黄奇帆さんはグラフェン産業パークで調査研究を行った際、科学は発展を推進する第一生産力だけでなく、人類が経済危機から脱出する戦略手段でもあると示した。新たに発見されたカーボン材料として、グラフェンは硬度、導電、透光などにおける優秀な性能、及び生物遺伝子工程、新エネルギー新材料、電子情報などの先端技術においては広範な用途を示し、新たな技術革命を導く可能性もある。重慶は国家の現代製造業基地として、グラフェンを代表とする新型材料工業を発展させることは、国家創新駆動戦略の実践であると同時に、科学技術成果の産業化の具体的な行動で、重慶市の産業構成調整、戦略性新興産業の発展の加速でもある。次のステップとしては、パークは重点産業方向を巡って、グラフェンの上下流応用技術の研究開発及び応用製品の宣伝拡販を通して、応用企業を主体とし、科学研究機構が深く関わり、研産をコンビナートした完全した産業チェーンを構築し、核心競争力を培い、グラフェン産業の高地を占めることを目指す。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します