简体   繁體   English   Francais   日本語   无障碍版   手机版

 

CQ Webcasts

重慶市における五つの機能区が定位される

  都市機能核心区について、その範囲は渝中区の全部と大渡口、江北、沙坪、九龍坡、南区という五区における内環線以内の区を包括し、面積は約294平方キロメートル。機能として、重慶大都市区の一番中心の区になることを目指す。重慶を国家中心都市の政治?経済、歴史?文化、金融?革新、現代サービス業中心とする機能を十分に果たし、重慶の歴史文化名城、綺麗な山?水都市、知恵都市及び現代大都市を展開することを集中し、中央商務区と大切な商務集合区の建設を強化してから、高水準な要素を集め、強い輻射作用を持つ、全国を影響する大都市中心区になる。
  都市機能拡張区について、その範囲は都市機能核心区以外の主城9区を包括し、面積は約5179平方キロメートル。機能として、重慶大都市区の主要な構成になることを目指す。国家中心都市の経済輻射能力とサービス影響能力の展開を注目し、それを全市の科技教育中心、物流中心、総合中枢及び対外開放の重要な出入口として、先進な製造業集合区、主城生態障壁区、さらに将来の新たに増加した都市人口の暮らしやすい区となる。
  都市発展新区について、その範囲は涪陵区、長寿区、江津区、合川区、永川区、南川区、大足区、綦江区、銅梁県、潼南県、栄昌県、璧山県及び万盛、双橋経済開発区を包括し、面積は約2.32万平方キロメートル。機能として、重慶都市機能核心区と拡張区の有効化する区であり、大都市区の主要な構成になることを目指す。将来、全市の工業化?都市化の主要区と、新たな増加する産業、人口を集合する大事な区、及び全市の重要な製造業基地となり、「四つの現代化」を同期に発展している模範区と川渝、渝黔地域の提携によるお互いに有利な先行区であり、「大都市病」をなおすことに関するキーエリアである。
  渝東北生態涵養発展区について、その範囲は万州区、梁平区、城口県、豊都県、墊江県、忠県、開県、雲陽県、奉節県、巫山県、巫溪県など11区?県を包括し、面積は約3.39万平方キロメートル。機能として、国家重点生態機能区と農業製品の主要生産区、長江流域の大事な生態障壁と長江上流の特色経済回廊、及び長江三峡国際黄金観光帯と特色資源加工基地になることを目指す。
  渝東南生態保護発展区について、その範囲は黔江区、石柱県、秀山県、酉陽県、武隆県、彭水県など6区?県(自治県)を包括し、面積は約1.98万平方キロメートル。機能として、国家重点生態機能区と大事な生物的多様性保護区、武陵山緑色経済発展高地、重要生態障壁、生態民俗文化観光帯と貧困支援開発模範区、全市少数民族集合区になることを目指す。
   

市長オフィス

クィックサービス

サイトステートメント  | 我々について |  サイト条項 |  フィードバック  |  ブックマーク

重慶市人民政府2007-2011コピーライト “語言橋”にて言語サポートを提供します